monokann

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

monokann

物事を考え、新しい「1」を創り出す

monokann / 筆者服部 / 思いの全て

life・feeling

f:id:monokann:20160506100136j:plain 筆者:kazuma hattori

monokannについて

WebやTVを見れば頭を使わないコンテンツが溢れ、人はどんどん上っ面な情報だけに触れやすい環境となりました。だから「もっと"物"事を自分の頭で"考"える世の中であってほしい。そして、まだ想像できない新しい物や考えが生まれてほしい」という願いを込めて、物(mono)と考(kann)から"monokann(モノカン)"と名付けました。

※ご連絡は、monokann.kh[@]gmail.comか、コメントやtwitterよりお願いします。

 

筆者"服部"について

本名"服部和磨(hattori kazuma)"と申します。千葉県習志野市出身、現在埼玉県富士見市に住んでいます。服部は、機織部(はたおりべ)から伝わった"はっとり"。和磨は、"平和を磨く人"という願いが込められています。元々、すごく考えすぎるところがあります。「裏の裏の裏まで読んでやろう、そこまで考えないと安心できない」などと頭の中はいつも工事中です。けれど、「コンプレックスを逆にどんどん伸ばしていこう」と思うようになって、monokannを始めたという思いもあります。

 

歌のない音楽を聴く

f:id:monokann:20160506103729j:plain

高校生までは、ほぼ歌物の邦楽しか聞いていませんでした。初めて買ったCDは、"GLAY - REVIEW"。次は、"Kinki Kids - Kinki Single Selection"か"SPEED - Dear Friend 2"のどちらかだったと思います。だから昔は歌物の曲が大好きでした。高校生の時は"LUNKHEAD - 地図 / 月と手のひら"を筆頭に、JAPAN ROCKを聴きあさり自分でも歌っていました。それがかなり辛いことがあり、"Sigur Ros - Agaetis Byrjun"などに頼る傾向になり、アンビエントやポストロック界隈を聴くようになりました。すると「歌がない方が音楽的で、思考も巡る!」と思い、今では大体インスト曲しか聴いていない生活をしています。

 

インストバンド"Lamb(ラム)" 

現在、個人でLambというインストバンドをやっています。本格的な活動はこれからですが、進めばこの場でも伝えていこうと思います。ぜひ聴いてみてください。

 

 奇怪な物を見に行こう

f:id:monokann:20160506111334j:plain

 世界中にある奇怪な物を追いかけています。廃墟、近代化遺産、土木構造物、アートなど、自分がグッと来たと思う物を紹介していきます。時間の経過や歴史を感じたり、なにより自分の理解を超えていきたい。奇怪な物は新しい感情や考えを産ませてくれるのでやめられません。Instagramで「#奇怪な物を見に行こう」と検索していただければ、今まで行った物・感じた事を書いています。

#奇怪な物を見に行こう • Instagram photos and videos

 

世界中のビールを愛しています

f:id:monokann:20160506112505j:plain

元々ビール好きで、一回の飲み会でビールを10杯ぐらい飲んでもへっちゃらでした。だから「もっとビールを知りたい!」と思い、ビアバーで働き始めました。場所は、神田"THE Jha BAR(ジャハ・バー)"。アメリカ・イギリス・ドイツ・ベルギーなど世界中のビールと、それに合う美味しい料理が食べられます。とにかくビールの概念をとことん覆されました。今では、個人でも買い、研究しながら飲んでいます。言葉で味を伝えられることを目標に、一人でもビール好きが増えるよう思いを伝えていきます。

リンク:神田ビアバー ジャハバー[THE Jha BAR]

 

思考は本からだと思っています

f:id:monokann:20160506113202j:plain

昔は本を読むことがめんどくさくて嫌いでした。けれど、歳を重ねれば重ねるほど、本には自分の人生では味わえない、他人の経験が詰まっていることに気がつき始めました。今では週に2〜3冊を目標に、日々思考を巡らせています。この場でも紹介していき、あなたの考えるきっかけになってくれればと思います。

 

料理は人生の全てが詰まっている

f:id:monokann:20160506114045j:plain

学生時代は、お金を節約するために料理をしていました。それが働き初めて一人暮らしをスタートし、ほぼ毎日作るようになっていました。義務が楽しさや趣味に変わったことに気がつきました。料理は人生の全てが詰まっていると思っています。準備〜調理〜片付けまで、一通りの工程ができれば、仕事の大体のこともできるはずです。まだまだ腕はイマイチですので、日々精進して、そこから感じた考えを書いていきたいと思います。

 

最後に

自分で考えず、誰かにやってもらう人生は、とにかく楽です。しかし、それを続けているとただの"他人のいいなり"で楽しくありません。誰かの人生でなく、自分のための人生を歩んでください。スティーブジョブズも"Stay Hungry, Stay Foolish"と"常に考え求め続けること"を唄っていました。また、自分で考えることを続けていると誰かの気持ちもわかってきます。すると自然と優しくもなれます。monokannに触れて、次のあなたの考えが生まれることを心から願っています。一緒に思考していきましょう。

では、今後ともよろしくお願いします。

monokann 服部和磨