monokann

monokann

物事を考え、新しい「1」を創り出す

Lamb 2nd Live / ライブハウスという場所 / 下北沢SHELTER×新宿SAMURAI pre 合同トライアウトvol.3

f:id:monokann:20170910130215j:plain

少し前になりましたが、monokann服部がやっているバンド"Lamb"のライブがありました。

『下北沢SHELTER×新宿SAMURAI pre 合同トライアウトvol.3』

 2017年7月27日(木) @新宿SAMURAI

 http://live-samurai.jp/

 

f:id:monokann:20170910130430j:plain

今回は下北沢SHELTERの店長 義村さん、新宿SAMURAI店長 大橋さんによる新人企画の第3弾!

義村:地方から東京にきたバンドがうちに音源を持ってきてくれたり、他にもいっぱい音源をいただく機会はあるんですけど、呼べるタイミングがなかなか作れずにいて。そういうところから、新人のバンドを受け入れられる機会がほしくて企画を始めたんです。 

大橋:もともと、新宿SAMURAIの店長を始める前に下北沢SHELTERを使わせていただいていたこともありますし、新宿SAMURAIから下北沢SHELTERでワンマンができるようなバンドを育てたいという思いもありました。なので、新宿SAMURAIだけで完結しない機会をいただけたのが嬉しかった。

出られる機会を頂けたのは、大橋さんとLambギター尾川茂(@Mugi65)が音楽友達というご縁から。僕らもまだ走り出したばかりのバンドですので、こういう機会をいただけることはすごく幸せでした。「ありがとうございます。」

 

f:id:monokann:20170910130203j:plain

音楽をやる場所は多様化されてきて、フェスや公園、カフェやバーなど色々な所で行われるようになってきました。ですが、やっぱりライブハウスという空間で音楽をやることは、バンドマンとして原点のような高ぶりを感じざるを得ない場所なんだと思っています。

 

f:id:monokann:20170910130230j:plain

仕事を終えてからのライブも初めてで、服部はギリギリ開始10分前に滑り込みで間に合ったりで、そこからメンタル面を切り替えることも難しいなぁと感じたり。また、急遽以前のドラムが辞め(失踪?)、新しく加藤ゆーゆー(@katouuyoshihisa)に入ってもらってのライブだったり、ドタバタしていました。

 

f:id:monokann:20170910132853j:plain

でも、始まると一瞬で、久しぶりのライブハウスに緊張しつつも、体全体でライブというものに向き合った感覚がありました。

 

 

私のフジロック前夜祭として、友人 服部 和磨 (Kazuma Hattori) くんバンド Lamb ラム の記念すべき2回目のライブへ。 この動画は音割れしてるけど、とってもエモいインストだよ。toe好きな人はSoundcloud( https://soundcloud.com/lamb-music-records/lamb-look-of-the-sky )で曲聴いて欲しい!石松 豊さんの投稿 2017年7月27日

まだまだファンも少ない状況ですが、平日の夜に友人方もたくさん来てくれて、色々な声をかけてくれました。感謝ばかりです、ありがとう!

 

 

 

 

 以下は、ギター千野(@taka_lamb0127)から

 

何かを続けていくことは、すごく難しいことなのだと最近特に感じています。バンドは一人じゃできなくて、結局人間関係なんだって思いますし、ある程度志が同じじゃないとできないんだと。けれど、それぞれ違う要素を持っているから生まれる何かがありますし、様々なことをする友人たちと合わさってもっと面白いことができていければいいなと思います。続けていくことは広がっていくこと・繋がっていくことだと思っていますので、また音楽を奏でる場所でお会いできればと思います。(つまりはライブ来てくださいってことです 笑)

 

またライブ決まったらお知らせさせていただきます。

 

-------------------------------------*

※LambのTwitterもできたので、ぜひ言葉交わしましょう!

 -------------------------------------*

*related*follow me on

いつもご愛読頂き、ありがとうございます。"考える"ってことは"何かを知っていくこと"だと感じています。それは同時に"得たことを吐き出していくこと"でもあります。「呼吸をするように考えていってほしい。」そんな思いが伝わっていることを願っています。よければ以下でフォローして頂けたらうれしいです。今後ともよろしくお願いいたします。

hatena blog

Instagram

monokann Instagram

twitter

facebook