monokann

monokann

物事を考え、新しい「1」を創り出す

カンボジア・ラオスの旅 [16] / 手間から得るもの / ジャール平原 Site3へ

f:id:monokann:20170616020734j:plain

たどり着いたジャール平原Site3。

 

f:id:monokann:20170616020711j:plain

Site3は大柄な石壺は少なく、小型〜中型の物が木々の間に数多く密集している。

 

f:id:monokann:20170616020824j:plain

一つ一つの形も美しく、これこそ石壺だと思えるビジュアルをしていた。

 

f:id:monokann:20170616020913j:plain

せっかくなので記念撮影。はい、チーズ。

 

f:id:monokann:20170616020949j:plain

パシャ!そう思うと「はい、チーズ」って笑顔にさせる誘導尋問のようだ。

 

f:id:monokann:20170616021050j:plain

Site3に満足したので元来た道を帰ろう。同じ道を帰るはずなのに、まったく違う景色が広がっているように感じる。

 

f:id:monokann:20170616021105j:plain

足元には「MAG」。

 

f:id:monokann:20170616021120j:plain

木々に挟まれ肩身のせまい小屋。

 

f:id:monokann:20170616021134j:plain

行きにも感じた存在感のある木。きっと彼がこのエリアのボスなんだと感じた。

 

f:id:monokann:20170616021148j:plain

風が強かったこともあり、声をあげて生きているように感じた。

 

f:id:monokann:20170616021202j:plain

ありがとうPlain of Jars Site3。

 

Site3のいいところは目的地にすぐ"たどり着けない"ということだと思う。自分の足で歩き、この時の自然や生き物に挨拶をしながら、石壺を目指す。目的地にすぐたどりつけるのであれば、Google mapで旅行でもすればいい。自然には神様が宿るというけれど、その場所ならではの神様を敬いながら、目的地にたどりつくという感覚は、小さなスマフォ画面からは味わうことのできない感覚。

いつだって、少しの旅でもリアルを感じられる方を選んでいたい。これからも。

 

-------------------------------------*

*引用/参考資料

・D23 地球の歩き方 ラオス 2016~2017(ダイヤモンドビック社/2015年11月)

-------------------------------------*

*related

*follow me on

いつもご愛読頂き、ありがとうございます。"考える"ってことは"何かを知っていくこと"だと感じています。それは同時に"得たことを吐き出していくこと"でもあります。「呼吸をするように考えていってほしい。」そんな思いが伝わっていることを願っています。よければ以下でフォローして頂けたらうれしいです。今後ともよろしくお願いいたします。

hatena blog

Instagram

monokann Instagram

twitter

facebook