monokann

monokann

物事を考え、新しい「1」を創り出す

カンボジア・ラオスの旅 [15] / 不発弾除去エリア内から出ないで / Site3へ続く解放的な空間

f:id:monokann:20170615013821j:plain

アルミスプーンのご夫婦にご挨拶後、車はSite2より先にSite3に向かった。

入り口には赤と白の看板があった。内容は、「Unexploded Ordnance Clearance Programme(不発弾除去プロジェクト)」について、通称"MAG"というらしい。2005年の2ヶ月間での成果が書かれていた。

 

f:id:monokann:20170615013858j:plain

このプロジェクトはUNESCOによって行われている。赤のエリアはまだ危ないので、絶対に白いエリアから出てはいけない。

 

f:id:monokann:20170615013932j:plain

ここでやっとジャール平原での入場料を払った。

 

f:id:monokann:20170615014007j:plain

Site3の石壺まではしばし歩くらしい。

 

f:id:monokann:20170615014042j:plain

Sさんはまたしても颯爽と先を歩いていった。

 

f:id:monokann:20170615015752j:plain

解放された空間。心が開いた気がした。

 

f:id:monokann:20170615014159j:plain

牛さん達は穏やかに草を食していた。

 

f:id:monokann:20170615013750j:plain

警戒心はない。人間も一つの自然のように、気取らず力まず、あるがままの時間を過ごしているように感じた。

 

f:id:monokann:20170615014306j:plain

木々も生きているみたいだ。

 

f:id:monokann:20170615014235j:plain

田んぼの間を縫うように小道が続いている。

 

f:id:monokann:20170615014415j:plain

Sさんはドンドン先を進む。

 

f:id:monokann:20170615014524j:plain

綺麗な水が流れ、穏やかな風が吹く中で、緩やかな坂を登っていくと柵が現れた。どうやら着いたようだ。

 

f:id:monokann:20170615014451j:plain

Site3。Site1とは違い、木々の間にたくさんのジャールが点在している。

 

「田舎に住みたい」などとよく言うけれど、その人が発する「田舎」も、僕が思う田舎も、僕の友達が思う田舎も全て異なる。田んぼのみが広がる場所を田舎と言う人もいるし、そこそこしっかりとした町がある場所を田舎という人もいる。では、「田舎に住みたい」というのは何を望んでいることから発せられる言葉なのだろう。

楽をしたい、辛いことがない、天国へ行きたい、おいしい空気の中にいたい、ストレスの少ない環境にいたい、逃げたい。。。「田舎に住みたい」という人がいたら、今度本気度を調べてみるのも面白い。ただ今の環境から逃げ出したいだけかもしれないのだから。愚痴みたいなね。

 

 

-------------------------------------*

*引用/参考資料

・D23 地球の歩き方 ラオス 2016~2017(ダイヤモンドビック社/2015年11月)

-------------------------------------*

*related

*follow me on

いつもご愛読頂き、ありがとうございます。"考える"ってことは"何かを知っていくこと"だと感じています。それは同時に"得たことを吐き出していくこと"でもあります。「呼吸をするように考えていってほしい。」そんな思いが伝わっていることを願っています。よければ以下でフォローして頂けたらうれしいです。今後ともよろしくお願いいたします。

hatena blog

Instagram

monokann Instagram

twitter

facebook