monokann

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

monokann

物事を考え、新しい「1」を創り出す

クラフトビールの戦い / ビールで広がる世界観 / さぁビールを飲もう!

f:id:monokann:20160515211727j:plain

ビールを飲もう!

 

"ビール離れ"って実際本当なの?

f:id:monokann:20160515212744j:plain

 資料:2014年国別ビール消費量(「キリンビール大学」レポート 2014年 世界主要国のビール消費量より)

"ビール離れ"というワードをよく耳にします。実際に自分の周りにも一杯目にビールを飲まず、チューハイやカクテルなどを頼む友人たちがいますし、「苦いし、お腹に貯まるから」とあえて飲まない方達もいます。

では、実際に現状はどうなのか。キリン(株)が運営するインターネット上の仮想大学"キリンビール大学"が行った調査によると、日本は2年連続で年間ビール消費量が落ち込んでいることがわかりました(参考1,2)

 [日本の年間ビール消費量]

 2012年(554.4万kl)→2013年(548.9万kl)→2014年(540.7万kl)

2年で13.7万klの減少。これは1年間で一人辺り約450mlずつビールを飲まなくなっていることを表し、500mlの缶ビール1本を飲まなくなっていることになります。

 

クラフトビールの戦い

f:id:monokann:20160515215130j:plain

そんな現状の日本ビール業界。そこに大外から刺客達が現れました。日本各地の地ビール(クラフトビール)たちです。元々、日本は大手のビールメーカー「キリン・アサヒ・サッポロ・サントリー・オリオン」がシェアを独占していました。そこに、1994年の酒税法改定を受けて、日本各地の地ビールメーカーが立ち上がりました(参考3)。一時の地ビールブーム後、一旦は雲行きが怪しくなった地ビールでしたが、最近は有名ブランドが奮起して大手を脅かしています。

"よなよなエール"や"水曜日のネコ"で知られる長野県「ヤッホーブルーイング」、岩手県沢内村の村興しで始まった「銀河高原ビール」、江戸を感じさせる歴史的な街並みが有名な"小江戸"がある埼玉県川越市「COEDOビール」など、今ではコンビニでも見かけるようになりました。また、日本各地の観光地や温泉街などでもその地域の地ビールが販売されています。特にヤッホーブルーイングは、大手5社に次ぐ6位のシェアを誇っていて、急成長ぶりは目覚しいものがあります(参考4)。しかし、大手も黙っておらず、サントリーやサッポロなどから"クラフトビールシリーズ"と打ち出した"大手の今までのビールとは違うビール"を販売し始めました。

 

そもそもビールってどうやってできているの?

f:id:monokann:20160515221818j:plain

 photo:煮沸釜・・・茨城県・木内酒造さんにて(2011年撮影)

ここでビールの出来方を簡単に紹介します。

ビールは、酵母と呼ばれる菌を発酵させたアルコール飲料です。使用する基本材料は4つ、「麦(大麦・小麦)、水、酵母、ホップ」です。これに副原料(スパイスなど)を加えたものもあります。

一般的な流れは以下のように、

 [ビールの出来方]

 ① 麦芽を作る(麦を少し発芽させ、乾燥(焙燥)させたもの)

   →麦の含まれるでんぷんを糖類に分解させるための"酵素"を作るため

 ② 麦汁を作る(麦芽を粉砕し、湯で濾し、お湯を加えたもの)

 ③ 麦汁に温度を加え、酵素がでんぷんを"糖"に分解する(糖化)

 ④ 煮沸釜に③の麦汁を入れ100℃に昇温し、苦味用ホップを入れる

 ⑤ 煮沸の終盤に、香り用のアロマホップを加える

 ⑥ ⑤の麦汁を発酵タンク入れ、酵母を加える

 ⑦ 一次発酵!!糖がアルコールに変わる(ビールになる)

 ⑧ 二次発酵!!酵母が作った炭酸ガスをビールに溶け込ます(完成!!)

※上に書いた流れはあくまで簡単に書いたものなので、詳しく知りたい方は、参考資料5やもやしもん8巻、サントリー等のHPを読んでみてください。ここで一つ伝えておきたいのは、大手ビール会社は酵母をろ過していますが、酵母は決して邪魔な物ではないということ。ベルギービールなど酵母をそのまま入れているビールもあります。瓶の中で熟成が進んで、さらに美味しくなるんです。

 

ラガーとエールってなに?

f:id:monokann:20160515231900j:plain

 photo:神奈川県厚木市サンクトガーレンのホームページより

よく耳にする"ラガー"と"エール"についても少しだけ紹介を(参考5)

例えば、アサヒスーパードライやサッポロ黒ラベルは"ラガー"、よなよなエール銀河高原ビールは"エール"、と分けられます。2つの違いは、先ほどの⑥で紹介した酵母にあります。

 ラガー・・・ラガー酵母を使用した物。発酵温度15℃以下。発酵後、ラガー酵母はタンクの下に沈むことから、"下面発酵ビール"と呼ばれています。

 エール・・・エール酵母を使用した物。発酵温度18〜24℃程度。発酵後、エール酵母はタンクの上に浮上することから、"上面発酵ビール"と呼ばれています。

しかし、ラガーとエールは大まかな括りであって、ラガーにもエールにもさらに細かな種類があります。これを"スタイル"と言って、世界では100種類以上のスタイルがあると言われています。運動会でいう赤組白組で分けても、組の中には色々なやつがいるみたいなものです(わかりづらい?)。

 例えば、ラガーのスタイルは、"ピルスナー"や"デュンケル"、"ヘレス"など

 エールのスタイルは、"ペールエール"や"ヴァイツェン"、"スタウト"など

日本の大手ビールは、今までラガーの"ピルスナー"というスタイルのみを販売していました。それが、"日本人が思うビール"のイメージとし、ある種洗脳のようなことが行われていました。もちろん、大手ビールもおいしいですが、世の中には他にも様々な美味しいビールがあります。ヤッホーなどの地ビールメーカーが作っているのも、別のスタイルのものです。

 

日本のビールの歴史はまだまだ浅い!

f:id:monokann:20160515235251j:plain

 photo:"ヴァイエンシュテファン醸造所"ホームページより

日本のビール製造が本格化したのは1887(明治20)年頃であり、先ほど伝えたように酒税法改正で地ビールが本格化したのも1994年です。しかし、世界を見れば、ビールの始まりは5500年前からと言いますし(参考5,6)世界最古のビール醸造であるドイツ・バイエルン州"ヴァイエンシュテファン醸造所"は1040年からビールを作っていました。つまり、日本のビールの歴史はまだまだ浅いことになります(参考)

また、全世界では何万種類というビールがあると言われ、日本のビールもそのほんの一部にしかすぎません。だから、日本のビールはもっともっと長い目で見て、深みのあるビールを作っていけると考えられますし、もっともっと面白くなっていけると予想できます。

 

ビールを飲もう!!

f:id:monokann:20160516000238j:plain

 photo:THE Jha BAR入り口の写真

僕は神田のビアバー"THE Jha BAR"で働いていました。入る前は、本当に大手5社のビール、それもピルスナーしか知らないやつでした。しかし、ここで働いたことで、ビールの世界の広さを知りました。そして、何より世界の現地で、国々のビールを飲みたいと思うようになりました。

僕は、日本のビールは深みが浅く、日本人らしいおとなしい印象を感じています。一方で、イギリスやドイツ、ベルギーやアメリカなどのビールは、個性を前面に出して、唯一無二の物を作っているように感じていますし、味にもそれぞれの深みを感じます。だからこそ、日本のビールはもっともっと発展していってほしいと思っていますし、発展していけるとも思っています。そして、微々たるながらも、僕もそれに貢献していければいいなと考えています。

今は、スーパーや酒屋さんでも様々なビールが買える時代になりました。ピルスナーだけがビールではありません。まだよくわからない方も、「サントリーのペールエール」と、イギリスの「バスペールエール」の飲み比べなんかから始めても楽しいと思います。女性なら小麦ビールの「水曜日のネコ」とベルギーの「ヒューガルデン」や「グリゼットブロンシュ」なんかでもいいと思います。

ビールには世界が詰まっています。ビールって本当に楽しいものなんです。

だから、もっとビールを飲もう!!

 

 

*参考資料

 1. 「キリンビール大学」レポート 2014年 世界主要国のビール消費量

 2. 「キリンビール大学」レポート 2013年 世界主要国のビール消費量

 3.  地ビールとは? « 全国地ビール醸造者協議会

 4. キリン社長もうならせた「よなよなエール」のネット販売術|ダイヤモンド・オンライン

 5. ビールの教科書 (講談社選書メチエ):青井 博幸:Amazon.co.jp

 6. パブとビールのイギリス (平凡社) : 飯田 操 : Amazon.co.jp

 7. もやしもん(8) (イブニングKC):石川 雅之:Amazon.co.jp

*ビール会社各社

アサヒビール

サッポロビール

キリンビール

サントリービール

オリオンビール

ヤッホーブルーイング

銀河高原ビール

COEDOビール

木内酒造

ヴァイエンシュテファン醸造所

バスペールエール

ヒューガルデン

グリゼットブロンシュ

*その他

スタイルについて ベルギービール博物館より

THE Jha BARホームページ

 

*こちらも合わせてどうぞ

Facebookページ始めました。励みにさせてください

 

 

thanks, ありがと