monokann

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

monokann

物事を考え、新しい「1」を創り出す

所沢 / 航空発祥記念館 / 技術者の苦労と汗と

奇怪な物を見に行こう

f:id:monokann:20160427000225j:plain

 観光、留学、仕事。様々な理由はある中で、僕らは少しの時間をかければ、海や国境を越えることができます。しかし、僕らは気がついていません、そして忘れています。自分の体を送ってくれている機体は、様々な一流技術者による努力が組み込まれていることを。

埼玉県、所沢市所沢航空記念公園にある「航空発祥記念館」には、過去実際に使用されていた飛行機やヘリコプターなどが展示され、実際に手で触れたり、乗ったりすることができます。

まずアクセスは西武新宿線航空公園駅武蔵野線新秋津駅からも来ることができますが、航空公園駅前には、純国産旅客機"YS-11"がお出迎えしてくれます。

f:id:monokann:20160427001820j:plain

 そして航空記念公園の奥へ進み木々を抜けます

f:id:monokann:20160427002432j:plain

すると大きな広場が目の前に。年末だったからか、凧揚げを楽しむ人がちらほらと。左下にはC-46という中型輸送機があります。この広場の左手にある大きなテント内に航空発祥記念館はあります。

f:id:monokann:20160427002248j:plain

さっそく中へ入ってみると、所沢産の日本初軍用機"会式一号機"がお出迎え。大きい。中には展示館と大型映像館があり、どちらか単品でもセットでも入場できます。では僕は入場料を払い展示館へ(大人510円、子供100円)。ちなみにネットで割引券を印刷していくと大人410円、子供80円になります。実に良心的。

f:id:monokann:20160427002826j:plain

中には驚くほどの迫力満点の飛行機やヘリコプターがお出迎えしてくれます。シコルスキーH-19というヘリコプターはエンジンの姿が見えたり、

f:id:monokann:20160427000225j:plain

バートルV-44というアメリカの大型輸送ヘリコプターは中に入り、コックピットも覗けます。

f:id:monokann:20160427004242j:plain

f:id:monokann:20160427010146j:plain

もう少し1階の奥に進むと、何やら面白そうなものがあります。"スペースウォーカー"。クレーンに取り付けられた椅子に乗りジャンプするだけで月や宇宙に行ける疑似体験ができるという興奮物のアトラクション。A〜Cで重力の違いがあることが楽しく、いつか本当の宇宙で感じてみたいと感じます。スタッフのお姉さんがとても優しいです。(2階ではフライトシミレーションも楽しめます。)

f:id:monokann:20160427005042j:plain

他にも"ベルヌーイの法則"や"浮力"といった、学生時代はなかなか理解できなかった飛行機の知識を学べます。さすが教育的といいましょうか。

f:id:monokann:20160427005502j:plain

2階からはさらに迫力満点の飛行機達がお出迎え。

f:id:monokann:20160427005735j:plain

展示館は1時間ぐらいで回ることができるため、お子様も飽きもこず、楽しめます。館内にはカフェや航空ぐっず押しのお土産屋さんもあるため、ゆっくりしたり誰かのプレゼントを買ったりもできます。ちょうどクリスマスシーズンだったので、地元の小学生が建てた"ペットボトルツリー"も飾られていました。

f:id:monokann:20160427010119j:plain

 記念館が観終わって少々時間があるのであれば、航空公園を回ることもおすすめします。都会の雑踏から離れ、時間が止まったようにのどかな空気が流れています。奇怪な放送塔もすごくかわいいです。

f:id:monokann:20160427010424j:plain

「当たり前」とは様々な苦労した人たちの努力の先にあるんだということ。そして、その一つ一つにありがたみを感じるべきだとういうこと。技術者という存在がいたから今の生活があることを忘れてはいけないと思っています。

 

所沢航空発祥記念館HP

 →利用案内・アクセス・割引券など

*館内図

f:id:monokann:20160427011229j:plain

所沢航空記念公園

 →スポーツや音楽イベント、マラソンや散歩など多様性のある憩いの場

http://www.parks.or.jp/tokorozawa-kokuu/

 *地図

 

 

奇怪な物を見に行こう