monokann

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

monokann

物事を考え、新しい「1」を創り出す

行為のデザイン / 世のため / 誰のため

f:id:monokann:20160424231510j:plain

エレベーターのボタンで「開」と「閉」を迷ってしまったり、「綺麗な街にしよう」というポスターが街を汚くしていたりする。そんな身近な生活の中に散らばる矛盾は、ちょっとのアイディアで良くしていける。行為のデザイン的な考え方がどの人にも芽生えたらいいなと思います。

けれど、難しいのは個人個人の"正義"が違うということ。例え、佐藤さんが正しいと思うことをやったとしても、伊藤さんは間違いだと思うかもしれない。そんな正義の種類が異なる中で、投票率が高い選択肢を選んでいく。そうすれば、ある程度はやりやすい世の中になるかもしれない。けれど、ハブられた少数派は反乱に近い行動を取り始める。そしてまた次の選択肢を考えないといけなくなる。

仮にその正義がマッチした部分があったとする。次に問題になるのは"好きか嫌いか"っていう超曖昧な個人の好みの話になる。

そんな堂々巡りなことを考えていると一生平和なんて訪れないのではないかと思ってしまいますね。

 

行為のデザイン - 村田智明 (CCCメディアハウス)

問題解決に効く 「行為のデザイン」思考法

問題解決に効く 「行為のデザイン」思考法