monokann

monokann

物事を考え、新しい「1」を創り出す

タイヤに支えられている自動車 / ゴムの種類 / 車輪の歴史・発展

photo: flickr - jamitalor タクシーの話をしていた。 相変わらずに週に2,3回の深夜タクシー生活が続いている。そこでタクシーに揺られながら思ったことがあった。「僕は今、タクシーに乗って帰っているんだ。」ということだ。 ???。こいつは何のことを言…

Lamb 2nd Live / ライブハウスという場所 / 下北沢SHELTER×新宿SAMURAI pre 合同トライアウトvol.3

少し前になりましたが、monokann服部がやっているバンド"Lamb"のライブがありました。 『下北沢SHELTER×新宿SAMURAI pre 合同トライアウトvol.3』 2017年7月27日(木) @新宿SAMURAI http://live-samurai.jp/ 今回は下北沢SHELTERの店長 義村さん、新宿SAMURA…

タクシーの不思議2 / 会社タクシーと個人タクシーの違い / 拘束と自由のつり合い

前回、タクシー車内が無音の話をしたけれど、僕は次に疑問に思うことがあった。それは 「会社契約タクシーと個人タクシーってどう違うの?どっちが儲かるの?」ということだ。 両親が関西人だけあってお金の流れは気になってしまう。かなりゲスい話ではある…

タクシーの不思議1 / 車内が無音の理由 / 心が狭くなった現代人

最近仕事が深夜にまで及ぶことが多くタクシーで帰ることが多い。初めの時は、特に何も考えていなかったのだけれど、回数を重ねる毎に色々なことが気になってきた。そんな話をしよう。 まず最初にタクシーで気になるのは「車内が静か」なことだ。おそらくタク…

"単管バリケード"を探そう / 日常の特別 / カエル・いるか・キティちゃん etc...

生活をしている中で、少し遠出をして旅行に出かけたり、デートで映画を見たり、家族で遊園地に行ったりと特別な場所で特別な物を見に行ったりする。そういう"特別"は生活する上ではすごく大切で、日常をふと忘れられたり、明日からの活力をもらえたりする。 …

軍艦島へ別れ / 再来の決意 / "ふるさと"について

ゆっくりゆっくり、スルメを噛みしめるように船に戻っていこう。顔みたいだから挨拶をした。 当時使われていたクレーン跡。 同じ道を歩いていても、行きと帰りで見える景色が変わったり、行きでは気づかなかった物に帰りは気づいたりする。一度の経験で知っ…

第2〜第3見学場 / 島に建物がある風景 / 制限のおもしろさ。

続いて軍艦島・第2見学広場へとやってきた。 ここには倉庫と総合事務所があった。レンガの赤色が何か心に訴えかける。 と、思いふと海側を見ると瓦礫の山。おそらく修繕などをする際にこういった場所に集めたのだろう。 それでは最後に第3見学広場へと向かお…

軍艦島上陸!! / 憧れの65号棟 / 今へ繋がる歴史たち

それでは、軍艦島上陸。 僕も行ってから知ったのだけれど、軍艦島上陸ツアーはすべての箇所を見学できるわけではなく、外側1/4ぐらいのエリアに絞られる。なかなか残念だけれど、長崎県の大切な遺産を守るためしょうがないことだと納得はした。テレビやメデ…

"夢の場所" / 現れた軍艦島 / まだ人の声が聞こえる廃孤島

船が出発すると、船内のアナウンスが響き渡った。軍艦島コンシェルジュのスタッフが行くまでのエリアや軍艦島について解説してくれるのだ。しかも、その人は元軍艦島の住民だというではないか。話に深さを感じた。出発するとすぐ見えるのは長崎の海岸線沿い…

軍艦島上陸ツアー / わくわくの心 / 当時の生活を想像する気持ち

長崎の夜景、出島、中華街、ランタン造形、古写真資料館と巡り、ついに辿りついた長崎の港。 最大のお目当ては、日本でも屈指の廃墟「端島(はしま)」こと「軍艦島」だ。 現在、一般人が軍艦島に上陸するには、上陸が許されているクルージング会社5社に頼まな…

日本のカメラの歴史 / 上野彦馬の功績 / 長崎市古写真資料館へ

どこかに行って、予約時間などにまだ余裕があると、いつもでは考えられないぐらい"1分1秒"を惜しみたくないと思う。この日も同じで1時間の待ちがあったので、その時間を最大限に活かそうと必死だった。そして訪れたのが、長崎電鉄の一番端っこ"石橋駅"だ。駅…

長崎ランタンフェスティバルの直前 / 気を抜くこと休むこと / 長崎新地中華街を歩く

長崎に来たら訪れようと思っていたのが「長崎新地中華街」だ。関東に住んでいると「横浜中華街」が想起されるけれど、九州といえば、長崎だ。江戸時代、オランダ人だけでなく中国人との交流もあったことで、現代まで続く繁華街となっていた。 そして街を歩け…

海外と日本の架け橋"出島" / ポルトガルと日本の友好モニュメント / 砂糖を伝えた人々

日が昇り、身支度をし出発。昨日綺麗な夜景が広がっていた場所には、代わりに大きな海が広がっていた。昼と夜で2つの顔がある。人も海も街も同じなのかな?なんて考えていた。 少し早起きをして、まずは歴史の教科書の定番「出島」を訪れることにした。 phot…

福岡から長崎へ / 特急かもめ / 長崎の夜景・素晴らしき景色

少し前の話になるのだけれど、九州に行った時のこと。僕はどうしても行きたい場所があり、福岡から長崎への電車に飛び乗った。 乗ったのは「特急かもめ 長崎行き 自由席」。長崎までは2時間ほどだといい、僕は疲れていたこともあり、少し眠りについた。 到着…

映画"20th Century WOMEN" / 変わること変わらないこと / 母親の姿を思い返す

photo: 映画『20センチュリー・ウーマン』公式サイト 映画を観てきた。「20th Century WOMEN」という映画を。 物語は二人の親子がスーパーマーケットにいて、突然自分たちの車が炎上することから始まる。しかし、動揺を隠せない様子を見せながら、母親は火を…

カンボジア・ラオスの旅 [18] / ジャールのおかわり / 「それをしたい」という理由なんて

「おかわり」 それは「自分はまだ満足していないから、もう少しだけでいいからちょうだい。」という期待と欲望と名残惜しさの行為。今回僕は、ジャール平原におかわりを与えられた。 実はSite2は一箇所だと思い、車に戻ったらSさんに言われた。「違う方見ま…

カンボジア・ラオスの旅 [17] / ラオスの昼食 / 最後のジャール平原Site2へ

Site3を堪能した僕らは、しばしの休息を取ることになった。場所は、Site3の入り口すぐのところ。 出てきたのはやはり米麺だ!しっかりと出汁が効いて、野菜も美味しく、すぐに食してしまった。 運転手さんのこの満足げな顔。英語はいっさい喋れない彼だけれ…

カンボジア・ラオスの旅 [16] / 手間から得るもの / ジャール平原 Site3へ

たどり着いたジャール平原Site3。 Site3は大柄な石壺は少なく、小型〜中型の物が木々の間に数多く密集している。 一つ一つの形も美しく、これこそ石壺だと思えるビジュアルをしていた。 せっかくなので記念撮影。はい、チーズ。 パシャ!そう思うと「はい、…

カンボジア・ラオスの旅 [15] / 不発弾除去エリア内から出ないで / Site3へ続く解放的な空間

アルミスプーンのご夫婦にご挨拶後、車はSite2より先にSite3に向かった。 入り口には赤と白の看板があった。内容は、「Unexploded Ordnance Clearance Programme(不発弾除去プロジェクト)」について、通称"MAG"というらしい。2005年の2ヶ月間での成果が書…

カンボジア・ラオスの旅 [14] / 温かなラオス人ご夫婦 / アルミのスプーンを作る民家へ

Site1を見終え、運転手のおじさんはSite2へ向かうのだと思った。しかし、牛がのどかに生きる光景が広がるばかりで、Site2に向かう感じではなかった。 そして数分後。車は止まり、一軒の民家へたどりついた。(なんだ?なんだここは?) photo: monokann - In…

カンボジア・ラオスの旅 [13] / さまざまな石壺・祭壇への祈り / そして繋がる歴史

先に進もうと思い先の方を見ると、蓋のような物が乗った石壺が見える。 Site1 唯一の蓋つきジャール。以前記載したように、仮に骨壷説が正しいのであれば、この蓋は荒らされるのを防ぐために乗せられたのではないかと考えられる。 また少し先に進むと、残っ…

カンボジア・ラオスの旅 [12] / 調査団との出会い / 本当に自分がやりたいことを見つめ直す

緩やかな坂を下りながら他の石壺を見に行こう。 こちらには先ほどよりも多くのジャール(石壺)が点在していた。 一体、これらを運ぶために何人の人が動いたのだろう。 movie: monokann: Plain of Jars ジャール平原 Site 1 - YouTube ぜひ共に現地の空気を…

カンボジア・ラオスの旅 [11] / たどり着いたジャールの石たち / 点在する存在感を感じる

Site1にたどりついた。Site1に着くと、カートに乗ってジャール平原へ向かうらしい。 ヨーロッパ系青年方に紛れ込み、Sさんと僕もカートに乗り込んだ。なんだか冒険が始まるようなワクワク感があった。 しかし、5分ほど乗ったら到着。案外あっけない。背の高…

カンボジア・ラオスの旅 [10] / ジャール平原 / 紀元前1500年の謎

それでは、ジャール平原に訪れよう!と、その前に少し解説。 ピラミッドやストーンヘンジなど、まだまだ謎に秘められた遺跡は全世界に点在しているが、ラオス・シェンクワーン地方にも一つの遺跡がある。 " Plain of Jar ジャール平原 " Jarとは"壺"の意味。…

カンボジア・ラオスの旅 [9] / 日本人女性との出会い / ジャール平原での心得"乗るな・捨てるな・描くな"

朝起きて、眠い目をこすりながら顔を洗い、歯を磨き、髪をセットした。そして、服を着替えながら、最後のカロリーメイト2本を食した。ジャール平原へのツアー車の時間を気にしながら、僕はあと何回朝のルーチンワークをするのだろうなんて考えていた。 ホテ…

カンボジア・ラオスの旅 [8] / 1分と1時間 × 街と集落 × 旅で開かれる心 / ラオス・シェンクワーン地方"ポーンサワン"へ

人種と時間感覚の差 心開かれる旅 最後の街ポーンサワンを散策 *--- ラオス人の温和な時間感覚 ガタガタ道と集落と 道は切り開かれ続いてゆき、人は繋がっていく シェンクワーン地方"ポーンサワン"を散策 ---* ※前回の続き ラオス人の温和な時間感覚 旅も残…

カンボジア・ラオスの旅 [7] / 頭蓋骨の記憶 × 食の気流れる市場 / 心優しい国"ラオス"に上陸

死者の記憶を探して 食の集まる場の活気 温和な国民性"ラオス"初上陸 *--- 頭蓋骨とカラフルブッダの"ワット・トメイ寺院" 食べ物が集まる場には"気"が流れる さらばカンボジア ラオス人民民主共和国とは 心の優しさ溢れるラオス人 ---* ※前回の続き 頭蓋骨…

カンボジア・ラオスの旅 [6] / カンボジア戦争博物館 / 武器を持つ子ども達 × 1歩先に地雷 × 強く笑う明日

虐殺される知識人 銃を抱える子ども達 平和という言葉を繋ぐ *--- カンボジア:争いによる残酷な歴史 カンボジア戦争博物館へ 戦車を間近で感じる 小型銃の軽さと重み 地雷がある、次の一歩はどこを踏む? 言葉なしで 「平和」という言葉 ---* ※前回の続き …

カンボジア・ラオスの旅 [5] / カンボジア最後の遺跡と最後の晩餐 / 一瞬の出会い × 異国の音楽 × チョルモイ!!

交差点のような出会い 寺院と音楽 カンボジアのキャバクラ *--- 出会いと別れの"プリア・カン" "ニャック・ポアン"で音楽とともに 空飛ぶ樹"タ・ソム" 東メボン〜プレ・ループの宮殿 最後の遺跡"バンテアイ・サムレ" カンボジア最後の晩餐 ---* ※前回の続き …

カンボジア・ラオスの旅 [4] / アンコール・トム & タ・プロームを歩く / 瞬間を残す優しさ × 当たり前の音が聞こえる × 圧倒的自然

四面仏頭"バイヨン"の存在感 ロングヘア女性の優しさ 圧倒的な木々のエネルギー *--- アンコール・トムとは しばし休憩 存在感際立つ四面仏頭"バイヨン寺院" ウキウキのパプーオン その瞬間を残す親切を受けた"ピミアナカス" ライ王のテラス〜像のテラス 当…